沢山ありすぎて分かりにくい格安スマホについての情報を基礎から分かりやすく解説してスマホ代の節約を応援するサイトです!

ママもにっこり♪ 子どもに持たせて安心のキッズスマホはコレ!

子どもが小学生になると、登下校時や塾、習い事、お友達の家へ行くなど親と離れて外へ出る機会も増えてきますよね。
そんな成長が嬉しい半面、近年では耳を塞ぎたくなるような物騒なニュースも多いのでママの心配は尽きません。
そこで、お子様に緊急の連絡手段を含め、キッズスマホを持たせる事を考えるご家庭は多いです。

shufu-gimon

「そろそろうちの子も、キッズスマホを持たせた方がいいかしら?」

近年では共働きの家庭も多いため、連絡手段や緊急時のために子どもにキッズスマホを持たせる親御さんも多くなっています。実際に、小学生の約40%がキッズスマホを持っているという調査結果もあり、その内の約3割がスマホを使用していると言われています。

過去には災害時に家族が別々の場所にいて電話はなかなか繋がらなかったものの、メールやTwitterなどで家族の安否を確認できたという事例も多くありましたね。

防犯面や緊急連絡用として、塾や習い事の送迎のための必需品として、子どもが欲しがるから…など、導入理由は様々ですが、キッズスマホを使用することはメリットばかりではありません。
様々なデメリットを懸念して子どもにキッズスマホを持たせて良いのか、頭を悩ませている親御さんも多いのではないでしょうか。
このページでは、子どもにキッズスマホを持たせる時のメリット・デメリット、そして子どもに持たせて安心・安全のスマホやアプリをご紹介したいと思います。

このページの目次です!

キッズスマホを持たせるメリットは?

Print

● 共働きなどの理由で、子どもを一人で留守番させる時に連絡が取りやすい
● 塾や習い事など、送迎時の連絡手段として必需品
● 位置情報がわかるので、1人で外出させる時も安心
● 電話ができない状態の時でもメールやメッセージアプリで連絡することができるので便利

キッズスマホを持たせるデメリットは?

473857

● 出会い系サイトやアダルトサイトなど有害サイトの閲覧
● SNSなどでのいじめ被害が心配
● ワンクリック詐欺などの悪質サイトからの個人情報流出の被害
● ゲームアプリなどの課金
● 月額料金が高く、家計を圧迫する

キッズスマホで一番使う機能は何?

● 1位:通話
● 2位:LINEなどのメッセージアプリ
● 3位:メール

子どもの年齢によってもスマホで使う機能は異なりますが、小学生など年齢が低い内は親御さんとの連絡手段として「通話」機能が一番多く使われているようです。次いでLINEなどのメッセージアプリやメールとなっています。
子どもの年齢が上がるにつれて、友人との連絡手段にLINEなどのメッセージアプリや無料通話、SNSではTwitterやinstagram、Facebookなど、さらに娯楽としてゲームやネットの閲覧というように利用する機能も増えていきます。

キッズスマホこそ、格安スマホで徹底的に節約しましょう!

キッズスマホを持たせようと思った時に、真っ先に思いつくのは大手キャリアで販売されているキッズスマホではないでしょうか?・・・でも、ちょっと待って!
前述したキッズスマホのデメリットの中にある「月額料金が高く、家計を圧迫する」は、格安スマホや格安SIMで解決できるんです。

大手キャリアでキッズスマホを購入すると、本体価格だけでも3万円台~5万円台が中心で、24回または36回の分割払いと基本料金を合わせると月額料金は4,000円台~6,000円台になります。
子ども1人分だけでも高いのに、兄弟・姉妹がいたら2人、3人…となると、大きな出費ですよね。
また、年齢が上がるにつれてキッズ・ジュニア用では不満がでてきて数年で機種変更するケースが多いようです。
キッズスマホで親御さんと同じキャリアを使うメリットはあまりなく、家族間の無料通話程度です。
それなら、大手キャリアで高価なキッズスマホを準備するのではなく、通話分は無料通話アプリやIP電話を活用するなどして、格安スマホでスマホ代を徹底的に節約するのが賢い使い方です。

格安スマホの場合は1万円台から購入可能!さらに、親御さんが使わなくなったスマホに格安SIMを差して再利用する方法ならスマホの本体代金は不要なので、使い方によっては月額料金1,000円以内で収まってしまうんです。

TONEのキッズスマホは子どもをしっかり見守ってくれる安心機能がたっぷり

TONE スマホ

TONEのキッズスマホはレンタルDVDなどでおなじみのTSUTAYAが販売しています。全てを自社で企画・開発されていて、初心者や子どもでも簡単に使いやすく、また安心して使えるようにに設計された独自のシステムがたっぷり詰まっています。
本体価格は29,800円と19,800円の2種類。スマホ本体とSIMのセットで販売されています。

【安心その1.】パケット使い放題+通話基本料で月額1,000円。

料金プランは、低速データ使い放題1,000円というプランのみ。
他社のように豊富な料金プランの中から選択するとなると、どのプランが最適か迷ってしまいますが、TONEなら迷うことなく即決できますね。
また、パケット使い放題は低速通信のみですが、子どもに持たせるなら低速で十分。
低速通信でも、メールやLINE、通常のネット閲覧などはストレスなく普通にできますので、キッズスマホに必要な機能は十分満たしています。
他に050から始まる電話番号が付与され、IP電話を使うことができます。

【安心その2.】居場所確認(ジオフェンス)で子どもの居場所を見守ってくれます

tone-%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9TONEファミリーアプリで、GPS機能を利用していつでも離れた場所にいる子どもの居場所を確認することができます。
あらかじめ子どもがよく行く塾や習い事などを登録しておくことで、その場所へ子どもがスマホを持って出入りすると親御さんにメールで通知が送信されるシステムです。
予定通りに到着したかなどを確認できるので安心です。

 

 

 

【安心その3.】アプリインストール制限でゲームなどの誘惑を防いでくれます

tone%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e5%88%b6%e9%99%90スマホには子どもにとって魅力的なゲームアプリがいっぱい!
いつの間にか有料アプリをインストールしてしまったり、ゲームで課金をしてしまわないように、しっかり管理することができます。
子どもがインストールしたいアプリは、親御さんに「リクエスト」することができ、親御さんが許可をしないとインストールしたアプリを使うことができないシステムです。

 

 

 

 

【安心その4.】利用時間制限でスマホの利用時間を管理できます

tone-%e6%99%82%e9%96%93%e5%88%b6%e9%99%90ついつい夢中になってしまいがちなゲームや友達とのLINEなど。
勉強の妨げや家族とのコミュニケーション不足の原因になってしまうのは困りものです。
利用時間制限をすることで、キッズスマホの利用時間を30分単位で細かく設定をすることができます。
また、実際にアプリを使った時間や履歴を確認することも可能です。

 

 

 

【安心その5.】伝言機能でメッセージを必ず読ませてくれます

tone-%e4%bc%9d%e8%a8%80親御さんから子どもへメッセージを送信した際、長押しで確認するまで表示し続けてくれるので、子どもがメッセージを読まずに閉じてしまうことはありません。

 

 

 

 

 

【安心その6.】気づいて欲しい時にノックで合図してくれます

tone-%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%8e%e3%83%83%e3%82%afLINEをしてもメールを送信してもなぜか返信がない…そんな時とっても心配になりますよね。
そこで便利なのが「エアノック」機能です。
エアノックアプリでドアをコンコンとノックすると、ノックした回数だけ子どものTONEスマホにもノック音が発生します。
マナーモード時には、ノックを連続5回することでマナーモードが解除される優れもの。
親御さんのスマホが他社のものでも、PCやタブレットなどでも、ネットに繋がっていれば使うことができます。

 

格安キッズスマホ!ビタミンカラーで充実機能の「ポラスマ」

polasma

ポラスマはインスタントカメラのポラロイド社が開発した格安なキッズスマホです。
綺麗なビタミンカラーが元気な子どもにピッタリ♪
見た目だけではなく、機能もとても充実していてなかなかの高スペックで実は大人も楽しめそうです。
本体はトイザらスやAmazonで購入でき定価は30,238円ですが、現在は1万円台まで下がっています。SIMはお好きなMVNOの格安SIMを購入して使います。

【安心その1.】ペアコントロール機能搭載「KIDO’Z」アプリが秀逸

kidoz
キッズスマホを渡す前に、KIDO’Zアプリとパスワードを設定することにより、子ども用のホーム画面に早変わり。
ネットは専用のブラウザしか使うことができず、WEBサイトは承認済みのものしか閲覧できなくなり、余計なアプリなどは非表示になります。
また、スマホの一日の使用時間制限や時間帯の制限を設定することも可能です。
でも、制限ばかりでは子どもの不満が爆発してしまいそうですが、オンラインゲームなどの設定もあり、親御さんが承認したゲームのみ遊べる機能もついています。
様々な設定をこのアプリひとつで管理できるのはとても便利ですね。

 

【安心その2.】発信者制限「キッズダイヤラ」アプリ搭載

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%a9あらかじめ設定しておいた特定の連絡先にのみ電話を発信することができる発信者制限アプリです。
ダイヤルボタンではなく、リストから相手を選んでタップするだけの簡単操作で子どもでも迷わず発信できます。

 

 

 

 

 

【安心その3.】子ども居場所検索アプリ「モバみっけ♪」で安心

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%81%bf%e3%81%a3%e3%81%91GPSの位置情報で、子どもの居場所を知ることができるアプリです。
子どものスマホにアプリをインストールし、親御さん側はブラウザで設定をすると、リモート管理をしてくれて子どもの位置検索・音を鳴らす・バッテリー残量を確認することができます。

 

 

 

 

【安心その4.】ポラスマはSIMフリースマホ。好きな格安SIMが使えてお得!

ポラスマはSIMフリースマホです。
お好きなMVNOの格安SIMを選ぶことができるので、例えば低速通信使い放題プランなら月額料金500円程度で使えますし、高速通信3GBのプランなら各社平均月額900円程度で使えます。

楽天モバイル ベーシックプラン:525円
ワイヤレスゲート 480円プラン:445円
exciteモバイル 低速通信:500円

格安スマホ 可愛さNo.1!女の子なら「Fairisia」に決まり

fairisia

Fairisia(フェアリシア)はバンダイグループの株式会社メガハウスから発売されてる女の子向けの格安スマホです。
おもちゃメーカーならではの視点で作られた、キュートなルックスとワクワクしちゃう女の子好みのオリジナルアプリが満載です。
もちろん、中身はしっかり安心・安全仕様になっています。
Fairisia本体とMVNOのIIJ mioの格安SIMのセット販売となっており、全国のトイザらスやAmazon、楽天などのネットショップから購入することができます。
本体価格は22,990円で格安とは言い難いですが、月額料金は基本通話料、1GBの高速データ通信容量、安心パック(遠隔ロック機能・スマートフォンセキュリティ・Wi-Fiセキュリティ・超ブルーライト削減)合わせて2,390円で、大手キャリアと比較してみるとやっぱり格安スマホと言えるでしょう。

【安心その1.】安心パックが基本料金に含まれている

fairisia-%e5%ae%89%e5%bf%83

親御さんの端末から遠隔操作・管理できるサポートが「安心パック」に含まれています。
・遠隔操作
・利用時間制限
・アプリ利用制限
・ブルーライト対策
・ウイルス対策
・セキュリティ対策
・キッズケータイモード

【安心その2.】通話はIP電話を使用するので通話料が安い

fairisia-ip%e9%9b%bb%e8%a9%b1

050から始まる電話番号が付与され、インターネット回線を使ったIP電話を使用するので通話料が安いんです。
Fairisia同士の通話なら0円、他社の050から始まる番号と固定電話なら3分8円、その他携帯電話やスマホへは1分16円で通話ができます。
女の子は長電話が大好き♪ IP電話でも通話料が心配なら、通話料の上限を2,000円、3,000円、5,000円、10,000円と設定することが可能ですので、明細が来て慌てることはありませんね。

使わなくなったスマホがあるなら、キッズスマホにしちゃおう!

親御さんが以前使っていてもう使わなくなったスマホ、ご自宅に余っていませんか?
そんなスマホがあるならば、ぜひキッズスマホ用に活用してみましょう。
そのスマホがドコモのスマホなら、どこのMVNOの格安SIMでも差し替えてそのまま使用することが可能です。
auのスマホならば、UQモバイルまたはmineo(マイネオ)の格安SIMで使用することが可能です。
また、中古のスマホを購入して、格安SIMで運用することもできます。その場合はドコモのスマホを選ぶとどこのMVNOの格安SIMでも使うことができるのでオススメですよ。
月額料金はどこのMVNOでもほぼ横並び。基本料金1,000円以内から使うことができますので、必要なオプションやサービスがあるかどうかを比較しながら選択すると良いでしょう。
また、特にキッズ向けとして製造されていないスマホに関しては、子どもを守るアプリを活用すると安心ですね。

 要チェック!子どものスマホに入れておきたい安心アプリ


%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%a2%e3%83%aa●スマモリ(Android/ios対応)

・有害コンテンツの制限
・使用時間の制限
・歩きスマホブロック
・アプリ使用履歴
・サイト閲覧履歴

 

 

 

mobile-fence●Mobile Fence(Android対応)

・アプリブロック
・ウェブサイトブロック
・スマート機器週間使用計画設定
・位置追跡
・位置トラッキング
・危険メッセージ監視
・使用統計
・使用時間調整
・デバイス機能ブロック
・機器遠隔削除
・通話ブロック
・紛失機器位置把握
・お子さんと共有

yahoo%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%9a●Yahoo!きっず

・ネット検索はYahoo!きっず以外の検索結果が表示されない
・URLを直接入力できない
・閲覧履歴表示
・アラート機能
・おこづかい帳
・知育ゲーム

 

 

 

子どもにスマホを持たせる際に注意したいこと

  1. 通話はIP電話アプリなどを使うと通話料が格安になります
  2. 必ずペアコントロール機能のアプリを活用して、有害コンテンツなどから徹底的に子どもを守るとともに、アプリ任せにせずに親御さんも使用状況を管理をしましょう
  3. フィルタリングを2つかけると安心
  4. ウイルス対策・セキュリティ対策をしましょう
  5. スマホを持つ前に、家族間でルールを決めておきましょう
  6. 視力低下を防ぐためにもブルーライトカットの保護シートや眼鏡があるといいですね
  7. 小学生など年齢が低い子どもはネックストラップがあると紛失や落下破損を防げます

実際にスマホを手に入れてから子どもに渡すまでの間に、アプリの設定など細かなことが多いため親御さんは少々面倒に感じるかもしれません。
ですが、大事なお子さんを危険から守るためにも、ぜひ前もって取り入れて安心・安全・便利に格安スマホを活用して下さい。