沢山ありすぎて分かりにくい格安スマホについての情報を基礎から分かりやすく解説してスマホ代の節約を応援するサイトです!

格安スマホ初めてナビ STEP3.購入前のおさらい編

teacher-annai格安スマホ初めてナビ STEP1.基本編では、格安スマホ・格安SIMの基本のキの部分を、格安スマホ初めてナビ STEP2.容量選び編では、格安SIMを選ぶ際にとても重要な「容量選び」を解説してきました。
ここまでお読みいただいた方は、自分に合った格安スマホ・格安SIMの種類がなんとなく見えてきたのではないでしょうか。
このページでは、格安スマホ初めてナビ STEP3.購入前のおさらい編として、実際に格安スマホへとスムーズに移行するために事前に必ず確認しておきたい5つのポイントを解説していきます。

ポイント1. 高速通信にする?低速通信にする?通信プランを選ぼう

格安スマホの通信プランは大きく分けて5つのタイプに分けることができます。
それぞれ扱っているMVNOが違うので、通信プランを決めることで自ずとMVNOの選択肢が絞られてきます。

日次容量上限タイプ
LTEなどの高速通信を使える通信量が一日単位で上限設定されているプラン。

月次容量上限タイプ
LTEなどの高速通信を使える通信量が1ヶ月単位で上限設定されているプラン。3GB、5GB、7GBなどと上限に合わせて複数のコースが提供されています。

多段階タイプ
一定の通信量を越えた時点で、利用料金が段階的に上がっていくプラン。
現在のところ、2段階タイプや5段階タイプが主流で、高速通信容量の上限も設定されています。

高速・無制限タイプ
LTEなどの高速通信容量が無制限で高速のまま通信できるプラン。容量やスピードを気にせず思いっきりネットを楽しみたい人におすすめです。

低速・無制限タイプ
低速通信量が無制限で通信できるプラン。メールの送受信やWebサイトの閲覧などが主な利用のライトユーザーにおすすめです。

teacher-sasibo

高速にするか低速にするか迷ったら…

高速通信が必要な用途
YouTubeなどの動画視聴、音楽のダウンロード、地図アプリの利用、写真や画像が多いWebサイトの閲覧、FacebookなどSNSへ写真のアップロードなどがあります。

低速通信で十分な用途
メールの送受信、Webサイトの閲覧、LINEやTwitterの利用などがあります。

ポイント2. 格安SIMの種類を選ぼう

teacher-sasibo音声通話付きSIM
現在使用している電話番号を変えずにMNPで引き継ぐなら「音声通話付きSIM」を選択します。電話、ネット、SMSが利用できるので大手キャリアのスマホとほぼ同じ用途で使うことができます。
月額料金はデータ通信専用SIMより600円~800円程度高くなります。

データ通信専用SIM
音声通話をすることができず、Webサイトの閲覧やメールなどデータ通信専用として利用できます。(IP電話での通話は可能ですが、音質はやや下がります)
通話はガラケー、データ通信は格安スマホという2台持ちの人にもおすすめ。
月額料金は音声通話付きSIMより600円~800円安くなります。

SMS機能付きSIM
データ通信専用SIMに、「SMS機能」がプラスされているタイプです。LINE認証などSMSが必要な人におすすめ。

ポイント3. データ容量を決めよう

現在、大手キャリアのスマホを使っているなら、まずは自分のデータ通信量を確認し、毎月の通信容量を把握しましょう。なるべく無駄が出ないように必要通信量よりも少しだけ容量が多いプランを選択するのがポイントです。
格安スマホ初めてナビ STEP2.容量選び編

ポイント4. スマホセットを購入?それとも格安SIMのみ購入?

teacher-sasibo

格安SIMカードはMVNOから単体で購入することもできますが、スマホと格安SIMのセットで購入することも可能です。

格安SIMのみ購入の場合
・現在持っているスマホをそのまま使用する
・新しくSIMフリースマホを購入する
・中古スマホを購入する

スマホと格安SIMのセット購入の場合

・大手キャリアと同様にスマホ代金を2年間の分割払いにすることができる。
・MVNO限定のお得なキャンペーンなどを行っている場合がある。
・MVNOによって取り扱っているスマホの機種が違うため、希望のMVNOで購入したいスマホの機種が取り扱っていない場合がある。
・料金プランの選択肢が限られてしまう場合がある。

ポイント5.格安SIMのサイズを確認しよう

格安SIMサイズ

格安SIMのサイズはノーマルSIM(miniSIM)、microSIM、nanoSIMの3種類があり、スマホのSIMスロットの仕様に合わせて選択する必要があります。
スマホと格安SIMのセット購入の場合は、SIMのサイズを気にする必要はあまりありませんが、格安SIM単体で購入する場合は、スマホに合ったSIMサイズを選択しましょう。