沢山ありすぎて分かりにくい格安スマホについての情報を基礎から分かりやすく解説してスマホ代の節約を応援するサイトです!

格安スマホ初めてナビ STEP2.容量選び編


teacher-annai
格安スマホ初めてナビ STEP1.基本編では、格安スマホ・格安SIMの基本のキの部分を解説してみました。
引き続き、このページでは格安スマホ初めてナビ STEP2.容量選び編として、多くの人が格安SIMを選ぶ際に最も悩むポイントでもあり、最も重要だと思われるポイントでもある「容量選び」について解説していきたいと思います。
ユーザーが自分に合ったデータ通信容量を選ぶことができるのが、格安SIMの最大メリットでもあります。そのメリットを存分に生かすためにも、どのデータ通信容量を選んでいいかわからない方はぜひ参考にしてみてくださいね。

無駄のない容量を選ぶことが節約への近道!

shufu-saifu-ok格安SIMは、データ通信容量別にたくさんのプランが提供されており、サービスもMVNOによって様々です。
ですが、基本的にはデータ通信容量が大きくなればなるほど料金も高くなるのはどこのMVNOでも同じです。
したがって、自分が毎月使用するデータ通信量を把握し、自分に合った最適なプランを選ぶことが通信料金の大きな節約につながっていきます。
※スマホデータ量の確認方法はこちら

50%以上の人が、1ヶ月のデータ通信量3GB未満で足りている!

20160506_2

「モバイルインターネット通信に関する利用意識調査」によると、格安SIMを利用している人の1ヶ月のデータ通信量が1GB未満という人は全体の19.2%、~3GBで16.3%、~2GBで13.9%、~1GBで9.7%と、実に50%以上の人が1ヶ月に3GB未満程度しかデータ通信を利用していないという結果がでています。
1ヶ月に3GB未満では通信量が足りなくなるのでは?と心配になりますが、自宅や会社でWi-Fiを利用できる環境にいる人は、その際のデータ通信をすべてWi-Fiで行うと、1ヶ月に3GBまでのデータ通信量で十分足りる人が多いでしょう。

格安SIM 容量別できること

容量 Yahoo!トップページ表示 300文字程度のテキストメール 動画視聴 地図表示 IP電話
1GB 約4,000回 約20万通  約400分 約1,300回 約1,800分
3GB 約13,000回 約61万通 約1,200分 約4,000回 約5,556分
5GB 約20,000回 約100万通 約2,400分 約6,000回 約9,000分
7GB 約50,000回 約1,800万通 約1,980分 約10,000回 約12,000分

※データサイズはあくまでも調査結果の一例で、データ数値はおおよその数値です。使用する環境などによっても大きく変化することがあります。
※スマートフォンでの調査結果例です。

データ通信量1GBはこんな人にピッタリ

・自宅や職場などWi-Fiを使える時間が多い人。
・通話や動画視聴やアプリのダウンロードなどはほとんどせず、メールやLINE、時々WEBサイト閲覧が主なライトユーザー。
teacher-sasibo
データ通信量が足りなくなった場合は、必要に応じて150円ほどで利用できる追加チャージシステムを上手に利用するといいでしょう。

データ通信量3GBはこんな人にピッタリ

・自宅や職場などWi-Fiを使える時間が多い人。
・WEBサイトは毎日チェックするけれど、ネット動画などの大容量コンテンツの利用は時々しかしない人。

データ通信量5GBはこんな人にピッタリ

・日常的に動画サイトや音楽サイトを見る人。

データ通信量7GBはこんな人にピッタリ

・電車の中や職場や学校…どこでも動画サイトや音楽サイトをたっぷり見たいヘビーユーザー。
・現在、大手キャリアのスマホを利用中で、頻繁に速度制限にかかってしまっている人。
・高速通信で使いたい人。
teacher-annai
7GBほどの大容量を使うなら「無制限(使い放題)」プランを選択する方が良いのでは?と考えがちですが、容量制限があるプランと無制限プランでは容量制限があるプランの方が最大速度が速い場合があります。
また、「95%の人が7GBのデータ通信容量で収まる」とも言われています。

データ通信量無制限(使い放題)はこんな人にピッタリ

・速度制限も通信料金もを気にせずに、動画サイト、音楽サイト、スマホゲームなど大容量コンテンツをたっぷり楽しみたいヘビーユーザー。