沢山ありすぎて分かりにくい格安スマホについての情報を基礎から分かりやすく解説してスマホ代の節約を応援するサイトです!

まだ大手キャリア!? iPhoneはそのままauから格安SIMに乗り換えた結果!

私が愛用しているスマホはiPhone6です。
iPhone4からiPhoneを使い始め、ドコモ→ソフトバンク→auと2年縛りが終わるたびに大手キャリアを渡り歩き、MNPでお得に新しいiPhoneをGETしてきました。

iPhoneを使い続けている理由は「好きだから」「慣れているから」。
iPhoneを愛してやまず新作が出るたびに並んで購入するほどの愛用者ではありません。でも「なんとなくiPhoneが好き」こんな私のようなiPhoneユーザーって比較的多いような気がします。

私が契約していたキャリアはauです。とうとう2年縛りが終わり、契約更新月が近づいてきた時に思ったことは

「今度こそ格安SIMに乗り換えよう!」

実は前々から思ってはいたもののなぜか面倒で後回しにし続けていました。
格安SIMに乗り換えたら月額料金半額以下で済むのはわかっているのに毎月の明細書を見ないフリしていました。セレブでもないのに…。

「よくわからないから」

「なんか面倒だから」

「本当にちゃんと繋がるのか心配だから」

こんな風に思っていました。
ようやく重い腰を上げ、格安SIMに乗り換えた今「なんでもっと早く変えなかったのー!!」と過去数年間の自分を恨みます。
今日は、私と同じように面倒で後回しにしている人が重い腰を上げられるように、iPhoneを格安SIMに乗り換える方法をお伝えしたいと思います。

1. どこのiPhoneを使っていて、iPhoneの何のシリーズを使っていますか?

現在使っているiPhoneはどこのキャリアで契約し購入したものですか?そして、シリーズは何のiPhoneでしょうか?それによって、乗り換えられる格安SIMが違ってきますのでまずはそこを確認しておきましょう。

1-1. ドコモのiPhoneを使っている人

基本的にどこの格安SIMでも乗り換えることができます。選択肢が一番広くて簡単なのがドコモのiPhoneです。

  • iPhone5C :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone5S :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone6 :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone6 Plus :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone6S : 基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone6S Plus :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone SE :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone7 :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone 7 Plus :基本的にどこの格安SIMでも利用可能
1-2. auのiPhoneを使っている人

auのiPhoneの場合はSIMロック解除ができるシリーズならば基本的にどこの格安SIMでも乗り換えることができます。一方、SIMロック解除ができないシリーズの場合は以下の通り選択肢が1社または2社に絞られます。

  • iPhone5C :格安SIMでは使うことができません
  • iPhone5S :格安SIMではつかうことができません
  • iPhone6 :mineo(マイネオ)のauプランで利用可能
  • iPhone6 Plus :mineo(マイネオ)のauプランで利用可能
  • iPhone6S : mineo(マイネオ)のauプランで利用可能 / UQモバイル で利用可能
  • iPhone6S Plus :mineo(マイネオ)のauプランで利用可能 / UQモバイル で利用可能
  • iPhone SE :mineo(マイネオ)のauプランで利用可能 / UQモバイル で利用可能
  • iPhone7 :mineo(マイネオ)のauプランで利用可能
  • iPhone 7 Plus :mineo(マイネオ)のauプランで利用可能

※お持ちのiPhoneがSIMロック解除が可能かどうかはauの「SIMロック解除判定可否」から簡単に確認することができます。
SIMロック解除をするには条件が色々とありますが、2015年5月以降に発売されたiPhone(iPhone6S、iPhone6S Plus、iPhone SE、iPhone7、iPhone7 Plus)はSIMロック解除対象となっています。

1-3. ソフトバンクのiPhoneを使っている人

ソフトバンクのiPhoneの場合はSIMロック解除ができるシリーズならば基本的にどこの格安SIMでも乗り換えることができます。一方、SIMロック解除ができないシリーズの場合は以下の通り選択肢がUQモバイル1社に絞られます。

  • iPhone5C :格安SIMでは使うことができません
  • iPhone5S :格安SIMでは使うことができません
  • iPhone6 :格安SIMでは使うことができません
  • iPhone6 Plus :SIMロック解除後、mineo(マイネオ)で利用可能
  • iPhone6S :UQモバイル で利用可能 / SIMロック解除後、mineo(マイネオ)で利用可能
  • iPhone6S Plus :UQモバイル で利用可能 / SIMロック解除後、mineo(マイネオ)で利用可能
  • iPhone SE : UQモバイル で利用可能 / SIMロック解除後、mineo(マイネオ)で利用可能
  • iPhone7 :SIMロック解除後、基本的にどこの格安SIMでも利用可能
  • iPhone 7 Plus :SIMロック解除後、基本的にどこの格安SIMでも利用可能

※お持ちのiPhoneがSIMロック解除が可能かどうかはソフトバンクの「ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除」から簡単に確認することができます。
SIMロック解除をするには条件が色々とありますが、2015年5月以降に発売されたiPhone(iPhone6S、iPhone6S Plus、iPhone SE、iPhone7、iPhone7 Plus)はSIMロック解除対象となっています。

2. データ容量を決める(迷ったら3GB!)

さて、現在のiPhoneをどこのキャリアで契約したかによって使える格安SIMが絞られたかと思います。
次はデータ容量を決めていきます。
私の場合は、auで契約したiPhone6でしたので使える格安SIMはmineo(マイネオ)のauプランのみです。
データ容量は3GBにしました。自宅で仕事をしているのでほぼ自宅でWi-Fi利用の環境のため、もしかすると1GBでも良かったのかもしれませんが、1GBで1,410円。3GBだと1,510円で100円しか変わらなかったので念のため3GBにしておきました。
容量選びに迷ったらよっぽど日頃から動画を見まくる人でなければ「とりあえず3GB」と覚えておくと良いでしょう。その理由はどこの格安SIMでも3GBが非常に安価でコストパフォーマンスが最高だからです。また、スマホを使っている人の60%の人が3GBのデータ容量で足りているという統計もあります。
もちろん、ご自分で毎月のデータ容量をしっかり把握している人は、自分に合ったデータ容量を選択しましょう。

 

3. MNP予約番号を取得します

格安SIMの会社とデータ容量が決まったところで、いよいよ現在のキャリアから移行するための手続きに入ります。
現在使っている電話番号をそのまま格安SIMで引き継ぐには「MNP予約番号」というものが必要になります。各キャリアへ電話をするか店頭へ出向いて番号を取得します。ドコモだけは公式サイトからの手続きが可能です。
少々面倒な気もしますが、電話や店頭で「他社に乗り換えたいのでMNP予約番号を発行してください」とお願いするだけです。
予約番号を発行してもらったら有効期限がありますので、すぐに格安SIMの申し込みをした方が良いでしょう。
私はauに電話をして予約番号を発行してもらいました。解約理由を聞かれましたが思ったほど引き止められもせず、口頭で番号を伝えられ電話を切った後にメールでも予約番号が送られてきました。

  •  au:0077-75470(無料)受付時間9:00~20:00
  •  ドコモ:携帯電話からは151(無料)一般電話からは0120-800-000 受付時間9:00~20:00 ※ドコモはPCからでも手続きが可能
  • ソフトバンク:携帯電話からは*5533(無料)一般電話からは0800-100-5533 受付時間9:00~20:00

4. 格安SIMの契約をします

さて、いよいよ格安SIMの申し込みをします。
最近では格安SIMも大手家電量販店での専用窓口や、MVNOのショップも増えているので店頭で即日契約することも可能になりました。
近くにショップがない人や、家でゆっくり申し込みをしたい人は各社の公式サイトから申し込むのが便利でしょう。
私は、mineoの公式サイトから自宅でゆっくり申し込みました。申し込み後3日から1週間前後で格安SIMが手元に届き、届いてから設定を行うためスマホが使えない日数が発生することはほとんどの会社でありません。

5. 格安SIMをスマホに挿す

手元に格安SIMが無事に届いたら、まずは格安SIMをスマホに挿してみましょう。
これまで入っていたSIMを取り外し、新しいSIMを挿すだけです。

6. MNP転入切替(回線切替)をします

回線切替は、MNPで乗り換える人のみ必要な作業です。
私はauからのMNPだったのでこの回線切り替えが必要でしたが、SIMカードに同封されていた利用ガイドに沿って簡単に切り替えすることができました。
注意事項としては、mineo(マイネオ)の回線切替受付時間は21:00までということです。

7. テストコールをします

回線切替が無事に完了すると「回線切替受付メール」が届きますので、その後iPhoneから、テストコール「111」にコールします。
ガイダンスが流れたら切替手続き終了で、これまで使っていた大手キャリアのサービスは一切使うことができなくなります。

8. APN設定をします

ここまできたらあと少し。最後はAPN設定を行います。
なぜか「APN設定が難しそう」という声がよく聞かれるのですが、実は私もそう思っていた一人。
ですが本当に簡単!同封されている説明書通りにiPhoneからファイルをインストールしてパスコードを設定するのみ。あっけなく終わってしまいました。

iPhoneはそのまま、auから格安SIMに乗り換えた結果!まとめ

ご自分のiPhoneでも簡単に格安SIMに乗り換えられることがおわかりいただけましたか?
ここまでの流れは、機械関係にとても疎い女性の私でも1週間の間に一人でできたことです。
auで使っていた時の月額料金は最低でも毎月7,600円前後かかっていました。mineo(マイネオ)にしてから、通話料とオプション込みで毎月3,000円前後に収まっています。
年間にして5万円以上の差額です!
格安SIMに乗り換えてからネットや電話が繋がらなくて困ったり、予期せぬ不具合が発生したりということも今のところ一切なく、キャリアを変えたのを忘れてしまうほど快適に使っています。
私のように、「なんとなく面倒」で格安SIMに乗り換えていない人は、本当にもったいないと思います。
順序良く行えば、1週間から10日程度で手続きが簡単に完了しますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。