沢山ありすぎて分かりにくい格安スマホについての情報を基礎から分かりやすく解説してスマホ代の節約を応援するサイトです!

キッズスマホはTONEに決まり!「子ども会推奨マーク認定商品」に認定されたお子様向けスマホでママも安心♪

最近行動範囲が少しずつ広がってきた我が家の小学生の長女。
近所のお友達の家や徒歩で通えるお稽古事や塾などへ一人で行くようになったので、本格的にスマホを持たせることを検討しました。
スマホを子どもに持たせることについてのデメリットも懸念しましたが、デメリットを極力なくせるようなスマホを選択し、購入後は親がしっかり管理することで、子どもにスマホを持たせるメリットの方が大きいのでは?と考え、我が家ではスマホを持たせることにしました。

購入前の家族会議で話し合ったのはこんな内容です。

  • 高価すぎる機種は必要ない
  • 月額料金がなるべく安価であり、明確な料金体系であること
  • 子どもがスマホを使う上で「遊び」の機能は必要最低限であること
  • 子どもにスマホを持たせることにより、SNSやネット関係の「不安要素」を不必要に増やすことがない機種であること
  • 子どもでも操作が簡単である
  • GPSで子どもの居場所がわかる機種である
  • 親が管理しやすい機種である

家族の希望をクリアしたのは「TONEモバイル」だけでした


家族会議の結果、小学生の子どもに持たせるスマホの第一候補に挙がったのは「TONEモバイル」でした。
ほかにも以前使用していて今は使っていないiPhoneを格安SIMで運用する方法や、新しくZenfoneなどのSIMフリースマホを購入し格安SIMで運用する方法などを検討したのですが、決め手にかけたのが正直なところ。

たとえば、以前私が使用していたiPhoneに格安SIMを挿して運用する場合は、スマホが故障してもApple Careの保障が受けられないとか、ZenfoneなどのSIMフリースマホを新しく購入して格安SIMで運用した場合に不具合が起きたら、Zenfoneのメーカーに問い合わせるべきか格安SIMの会社に問い合わせるべきか悩みそう….。
これまで何か不具合や不明点があった時には、当たり前のようにドコモやauやソフトバンクのショップで聞くことができたのに、格安SIMになるとこの部分が心配な部分でもありますよね。

また、「安くて最低限の機種でいい!」と思っていたはずなのに、実際にスマホを選ぶとなるとつい最新機種や上位機種に目がいって迷ってしまう….。こんな風に色々と悩んでしまったわけなのですが、その点TONEモバイルは驚くほどスイスイと優柔不断な私の背中を押してくれました。

TONEモバイルの本体価格は29,800円

TONEモバイルのスマホ本体はm15という機種1種類のみ。
価格は29,800円で、スマホとしては比較的安価な部類ですがスペックもなかなかなので、どの機種を選ぼうか迷う必要がないのがポイントが高かったです。
また、大手キャリアと違って割賦契約はなく最初に本体を購入するシステムです。
主なスペックはこんな感じです。

  • LTE回線
  • クアッドコアのCPU
  • 5.5インチの大きめ液晶画面
  • 1300万画素の背面カメラ
  • テザリングができる
  • Bluetooth
  • GPS機能搭載
  • 3000mAhのバッテリー
  • メモリ2GBストレージ16GB

子どもだけではなく、スマホ初心者の大人の方にもお勧めできるのも納得のスペックです。

TONEモバイルの基本プランは迷う必要なしの月額1,000円のみ

TONEモバイルの料金プランも至ってシンプル。月額基本料金1,000円のプランが1つあるだけです。
容量はどうしよう?など悩む必要なしなのが嬉しかったです。
月額料金1,000円で使える内容はこんな感じ。

  • インターネット使い放題(500~600Kbps)
  • IP電話通話基本料込み

月額1,000円なのにインターネット使い放題とは凄い!!
ですがスピードはごらんの通り500~600Kbpsとそんなに高速ではありませんが、ポケモンGOや子どもが使いそうなアプリで遊ぶ場合や、インターネットの閲覧、メールやLINEなどの送受信には支障がない十分な速度です。
一方、動画はほぼ見ることができない速度のため、子ども用スマホとして使う場合は親として嬉しいポイントでもあります。(動画を見る場合、1GB300円の超破格で高速チケットを購入すると見ることができます。)

TONEモバイルのIP電話が凄すぎて「090」オプションは必要ナシ!?

TONEモバイルの1,000円の基本料金の中には、標準で050から始まる電話番号が付与され、固定電話や携帯電話はもちろんのこと、IP電話への発着信が可能です。
通話相手がTONEのIP電話と提携のIP電話の場合は通話料が無料になりますし、通話相手が固定電話や携帯電話でも格安の通話料なんです。
けれど「IP電話」と聞いて、「110番や119番などの緊急電話がかけられないんでしょ?」「IP電話って音が悪くて聞き取りづらい?」「ネット回線を使っているから環境が悪いと繋がらないんでしょ?」というマイナスイメージを持っていた私ですが、TONEモバイルのIP電話はそのマイナスイメージをあっさり覆してしまいました。
TONEモバイルのIP電話は独自の特許技術を使っているため、他社とは別格!別モノのIP電話だったのです。

  • 110や119の緊急電話がかけられます
  • 独自の特許技術で安定の通話品質です。IP電話とは思えないクリアな音声です
  • 104に発信すると、周辺のレストランや美容室、ホテルやTSUTAYAの情報がわかります

もちろん、090通話が必要な場合は月額953円でオプションをつけることも可能ですが、IP電話で通常の090通話と変わらない高品質の通話ができるので、子ども用としてはオプションをつける必要はないと考え、我が家ではオプションはつけませんでした。

便利すぎるTONEファミリーには絶対加入して!

子ども用としてTONEモバイルを使うなら、絶対に加入しておきたいオプションが「TONEファミリー」です。
保護者がTONEモバイルを使っている場合は無料、未使用の場合は月額200円で加入できます。

  • 「あんしんインターネット」で、アダルトサイト、出会い系サイト、有害サイトへのアクセスを徹底的にブロックできます
  • 「アプリのインストール制限」で子どもがアプリをインストールしても、親の許可がないとアプリを使うことができません(保護者側のスマホやPCで「許可」が必要)
  • 「利用時間制限」でスマホの利用時間を30分単位で細かく設定することができますし、アプリごとに制限することができます
  • 「居場所確認」で現在地の確認ができたり、あらかじめ登録しておいた場所へ子どもが出入りすると、通知されるサービスです。

 

「居場所確認」がとても便利で、我が家は子どものお稽古や友人宅を事前に登録しておきました。予定通りの時刻に出入りするのをチェックできるので本当に安心して子どもを送り出すことができるようになりました。
また、アプリの「利用時間制限」はアプリごとに設定することができるので、ゲームアプリは夕食後からお風呂の時間まで。LINEは帰宅後から夕食までなど、口頭で言っても守ってくれない約束事もしっかり守ってくれるので目くじらを立てる必要がありません。
このように、子どもがスマホを使う上での心配事を徹底的に排除してくれるサービスは、色々探してみましたがTONEモバイル以外のMVNOでは見つけることができませんでした。
その証明として、MVNOの中で唯一「全国子ども会連合会推奨商品」として認定されているそうです。

「安心オプション」で万が一落としたり故障しても安心です

もうひとつ絶対におススメなのが月額500円の「安心オプション」です。

  • スマホの破損や盗難時に新しいスマホと無料で交換してくれます
  • 全国約63,000ヵ所でWi-Fiが使えます

TONEモバイルのスマホは画面サイズ5.5インチで子どもの手のサイズから見ると少々大きめです。ですので、ついうっかり落としてしまうことが予想されます。
そんな時でも「安心オプション」に加入しておくと、無料で新しいスマホと交換してくれるので安心して持たせることができますね。他社ですとオプションに加入していても、新品に交換の場合は有料のケースが多いので本当に至れり尽くせりです。
TONEモバイルの店員さんに聞いたところ、なんと半数以上の方が加入しているオプションだそうです。

機械オンチのママでも安心!TONEモバイルなら不具合は全部TONEが解決してくれます

TONEモバイルはハードを自社で開発・設計されているので初心者でも使いやすい独自システムが整備されています。
よくある、ネットが繋がらないなどのちょっとした不具合も「置くだけサポート」という箱の上にスマホを乗せるだけで自動的に修復してくれるという画期的なシステムがあるんです!
それでも解消しないときには、電話サポートにつなげてくれて、難しいときには遠隔サポートまでしてくれるという徹底サービスぶりです。
ネットや機械関係に弱いママでも、本当に安心です。

子ども用の格安スマホはTONEモバイル以外に考えられない!まとめ

以上が我が家の子ども用スマホ体験記です。
多くの格安スマホの中から比較検討をしましたが、私があれこれ色々な情報を集めなくてもTONEモバイルの場合、最初から安心の設定が詰まっているところがとても魅力的でした。
また、料金体系が明確で安価なことが、子どもにスマホを持たせることを渋っていた夫を納得させる大きなポイントにもなりました。
実際にTSUTAYAの店舗で子どもと一緒にスマホを手にとってチェックすることができ、帰宅が遅い夫にカタログを見せながら説明した後、公式サイトから申し込むことができるという流れもとてもスムーズでした。忙しいご主人がいるご家庭にはお勧めの方法だと思います。